勃起不全が発現したら先発薬のバイアグラなどを服用

男性にとってはある日突然のように、勃起不全が発現することがあり、勃起力が低下したり、中折れや持続時間が短くなるなどの症状が出ます。
勃起不全が発現してしまうと、パートナーとの夜の生活において様々な支障をきたすことが考えられますし、不妊の原因になる可能性もあります。
婚姻生活を順調に維持させることや、不妊の原因にならないようにするためには早期に医療機関を受診して治療することがおすすめです。
日本では医療機関を受診することで、処方してもらえる薬として先発医薬品であるバイアグラやレビトラ、シアリスが認められています。
医療機関によっては、海外で取扱いが行われている後発医薬品を処方しているところもあります。
先発医薬品についてはどうしても価格が高くなってしまうことや、専門のクリニックでバイアグラなどの処方が行われていますが、ED治療では健康保険が適用されないという問題もあります。
保険が効かないことによって、継続的な勃起不全の治療を行うためには、一定の費用をかける覚悟をする必要があります。
医療機関などで処方してもらったときには、バイアグラは1錠あたり25mgのものが1300円、50mgのものが1500円ほどの価格となります。
ED治療薬にはそれぞれの医薬品ごとに効果の持続時間や、特徴が異なっていますので、自分の抱えている症状に適したものを選択するようにしましょう。
一般的にはバイアグラは即効性のあるタイプですので、性行為をする直前に服用することが理想的です。
シアリスの場合には服用してから48時間ほどの持続性があることから、性行為をすることを予定している前の日に服用しておいても、本番のときに十分なペニスの勃起力が期待できます。

ページの先頭へ戻る